目次

気象教室  (どなたでも参加できる気象に関する講演会)

■令和3度■

サンプル画像  【日 時】 2021年10月17日(日曜日) 13:00〜15:30
 【開催方法】 Zoomウェビナー&Youtube配信によるWeb開催
 【講演1】 「集中豪雨をもたらす線状降水帯とは」
       講師:気象研究所 応用気象研究部長 加藤 輝之 氏
 【講演2】 「気候変動で変わる大雨」
       講師:気象研究所 応用気象研究部
               主任研究官 川瀬 宏明 氏
 【座 長】 九州大学応用力学研究所 主幹教授 竹村 俊彦 氏

 【参加方法】 「こちら」のフォームから事前申し込みが必要です。
        10月14日(木曜日)〆切 参加費は無料
        Zoomウェビナー(先着490名様)とYouTube Live(無制限)によるオンライン
 【共 催】日本気象学会九州支部、九州大学応用力学研究所
 【後 援】日本気象予報士会西部支部

「第22回気象教室」
  コンピューターシミュレーションが描く気象の将来予測
       〜IPCC最新報告書が伝えること〜

サンプル画像
 【日 時】 2021年12月19日(日曜日)13:00〜15:30
 【開催方法】 Zoomウェビナー&Youtube配信によるWeb開催
 【講演1】 「IPCC第6次評価報告書の概要」〜社会へのメッセージ〜
       講師:東京大学 大気海洋研究所 教授 渡部 雅浩 氏
 【講演2】 「将来シナリオ研究について:排出緩和シナリオの探索」
       講師:国立環境研究所 社会システム領域
           地球持続性統合評価室 室長 花岡 達也 氏
 【座 長】 九州大学応用力学研究所 主幹教授 竹村 俊彦 氏
 【参加方法】 参加方法は後日告知いたします。
 【共 催】日本気象学会九州支部、九州大学応用力学研究所
 【後 援】日本気象予報士会西部支部


■令和2年度■

日本気象学会九州支部「第20回気象教室」  
 テーマ ”台風観測と洪水予報の未来”
 「台風の航空機観測:米国の流儀、日本の挑戦」
 「近年の日本の洪水事例及び洪水予測研究について」

■令和元年度■
日本気象学会九州支部「第19回気象教室」  
 テーマ“地球温暖化、その原因の正体に迫る ― 旅客機・人工衛星がとらえた温室効果ガス ―”

■平成30年度■
日本気象学会九州支部「第18回気象教室」 テーマ“南極越冬隊員が語る 南極から診た地球の環境”

■平成29年度■
日本気象学会九州支部「第17回気象教室」 テーマ“九州の天気は遠くの天気が決める?”

■平成28年度■
日本気象学会九州支部「第16回気象教室」 テーマ“竜巻研究の歴史と最前線”

■平成27年度■
日本気象学会九州支部「第15回気象教室」 テーマ“異常気象と地球温暖化”
支部だよりNo.128に報告を掲載しています
■平成26年度■
日本気象学会九州支部「第14回気象教室」 テーマ“熱帯の気象”
■平成25年度■
日本気象学会九州支部「第13回気象教室」 テーマ“最近の話題から”
■平成24年度■
日本気象学会九州支部「第12回気象教室」 テーマ“気象と気候を予測する”
■平成23年度■
日本気象学会九州支部「第11回気象教室」 テーマ”台風”
■平成22年度■
日本気象学会九州支部「第10回気象教室」 テーマ”異常気象”

↑ページトップへ



気象サイエンスカフェ  (気象に関連する話題について専門家と少人数で気軽に語り合う場)




■令和2年度■
 ◆福岡開催   2021年2月13日(土)
  「第12回気象サイエンスカフェ on the Web」【申し込み必要】 [pdf0.4MB] 
            テーマ“航空機と気象 −安全で快適な飛行の裏側で−”

■平成31年度■
 ◆福岡開催   2020年2月15日(土)
  「第11回気象サイエンスカフェ in 九州」 [pdf0.5MB] 
            テーマ“航空機と気象 −安全で快適な飛行の裏側で−”

■平成30年度■
 ◆福岡開催   
  「第10回気象サイエンスカフェ in 九州」 [pdf0.7MB]
            テーマ“2018年夏の「危険な暑さ」 その真相に迫る”
 ◆鹿児島開催  
  「第6回気象サイエンスカフェ in かごしま」 
            テーマ“あの出来事のお天気のヒミツ”

■平成29年度■
 ◆福岡開催   
  「第9回気象サイエンスカフェ in 九州」 [pdf0.7MB]
            テーマ“「線状降水帯」に詳しくなろう −平成29年7月九州北部豪雨をもたらした,その正体−”
 ◆鹿児島開催  
  「第5回気象サイエンスカフェ in かごしま」 [pdf0.5MB]
            テーマ“火山灰を雨雲レーダーで観測すっど! 〜研究最前線! 灰はどこに流れるの?〜”

■平成28年度■
 ◆福岡開催
  「第8回気象サイエンスカフェ in 九州」[pdf0.2MB]
            テーマ“PM2.5もう一つの顔 −大気汚染と地球温暖化−”
 ◆鹿児島開催
  「第4回気象サイエンスカフェ in かごしま」[pdf0.2MB]
            テーマ“あったかーい! かごしま茶の天気とヒミツ”
■平成27年度■
 ◆福岡開催
「第7回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“南極観測から地球環境を診る”
 ◆鹿児島開催
「第3回気象サイエンスカフェ in かごしま」 テーマ“ヒトは生き残れるか? 地球温暖化・100年後の未来”
■平成26年度■
「2014年度気象サイエンスカフェ」(福岡・鹿児島開催)
 ◆福岡開催
「第6回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“集中豪雨に勝つ!  〜 まずは敵を知ろう 〜”
 ◆鹿児島開催
 「第2回気象サイエンスカフェ in かごしま」 テーマ“こまんか気象衛星のわっぜか夢 〜鹿児島大学から宇宙へ挑戦〜”

■平成25年度■
「2013年度気象サイエンスカフェ」(福岡・鹿児島開催)
 ◆福岡開催
「第5回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“熱帯の気象〜台風の生まれ育つところ〜”

 ◆鹿児島開催
 「第1回気象サイエンスカフェ in かごしま」 テーマ“海と空はつながっている! 黒潮と天気のヒミツ  〜 鹿児島の自然と生物に黒潮が与える恵み 〜”

■平成24年度■
「第4回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“北極・南極の上空30kmから日本へ、空気のメッセージ 〜オゾンホール等の成層圏現象と私たちの生活とのかかわり〜”

■平成23年度■
「第3回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“竜巻・強風に備える”

■平成22年度■
「第2回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“金星の風の話〜硫酸の雲で覆われた惑星の高速風の謎〜”
■平成21年度■
「第1回気象サイエンスカフェ in 九州」 テーマ“桜と地球温暖化”



ジュニアセッションin九州  (高校生が取り組んでいる気象に関する研究成果の発表会)




■令和2年度■  2021年3月7日(日) Webオンデマンド開催

ジュニアセッションin九州を以下のとおり開催します。多くの学校の参加をお待ちしています。
開 催 日 2021年3月7日(日)〜14日、初日の3月7日(日)が発表会
開催方法 新型コロナウイルス感染症対策のため、インターネットを介したオンライン開催となります。
     Zoomやブラウザ等でGoogle Driveへアクセスできるパソコン環境・通信機器が必要です。
     参加登録  2021年2月7日まで
     原稿提出  2021年2月17日まで
     申込みは締切ました
     ※ 詳しくは開催案内をご覧ください。
 プログラム: こちらをご覧ください。

■令和元年度■  
 2020年3月1日(日)に福岡市での開催を計画しましたが、新型コロナウィルス感染拡大の軽減のため中止しました。

■平成30年度■  
 2019年3月3日(日)に長崎市で実施し、3校の参加がありました。
 プログラム: こちらをご覧ください。

■平成29年度■  
 2018年3月4日(日)に福岡市で実施し、2校の参加がありました。
 プログラム: こちらをご覧ください。

■平成28年度■  
 2017年3月5日(日)に熊本市で実施し、3校の参加がありました。
 プログラム: こちらをご覧ください。